平成29年度 2年生の授業における工夫や手立て

HOME >  校内研究 >  2年生

他の学年を見る⇒  1年生  3年生  4年生  5年生  6年生

 

2年生「さるくんはだめ」

(1)<友達との関わり合いを育むこと>

 ペアでの伝え合い活動を通して、自分の考えを伝えたり、友達の考えを聞いたりすることで、友達との関わり合いながら、本時の価値へせまった。中学年以降の話合い活動へつなげるために、低学年では、発問に対する自分の考えをもち、相手にしっかり伝えることに重点をおいた。また、ペアでの話合いから、学級全体への話合いに広げていき、多様な考えがあることに気付く授業を行った。

  

 

(2)<児童が自分のこととして考えるための手立て>

 役割演技をすることで、演技をする児童も、それを見ている児童も、登場人物になり切って気持ちを考えることができた。


(3)<掲示資料の工夫>

 葛藤場面で児童の意見を板書するのと同時に、気持ちの変化を赤い丸と青い丸で表すことで、登場人物の心の変化を視覚的に感じさせた。

 
 

 

 

←校内研究のトップに戻る

更新日:2018年01月19日 12:29:23