平成29年度 校内研究

1.研究主題

相手を思いやり、自ら進んで実践する子供の育成
~道徳教育を通して~

 

2.めざす児童像

(低学年)

身の周りの人を思いやり、優しい 気持ちで行動する子

 

(中学年)

相手のことを理解して、
自ら考えて行動する子

(高学年)
相手のことを受け入れ、他者と

よりよく生きるために行動する子

 

3.研究仮説

(低学年)
自分の考えをもち、伝え合う活動を通して、他者に関心をもつことができる子供の育成につながるだろう。

(中学年)

話合い活動を通して多様な考えがあることを知ることで、相手のことを理解し、行動できる子供の育成につながるだろう。

   (高学年)
話合い活動を通して他者との違いを認め、理解することで、他者とよりよく生きるために行動する子供の育成につながるだろう。

 

4.各学年の授業の取組

●1年生の授業における工夫や手立て
●2年生の授業における工夫や手立て
​●3年生の授業における工夫や手立て
●4年生の授業における工夫や手立て
●5年生の授業における工夫や手立て
​●6年生の授業における工夫や手立て

 

※ 前年度の校内研究はこちら

 

更新日:2018年01月19日 11:31:20